なぜニュージーランドの方々は腸内環境は良いか

なぜニュージーランドの方々は腸内環境は良いか

地域によっては、乳酸菌が大きく絡んでいる所があります。と言うのも一部の地域では、牛が非常に多く飼育されているからです。
では具体的にはどのような地域に住んでいる方々が乳酸菌を摂取しているかと言うと、例えばニュージーランドなどは多いかと察しますね

 

牛が非常に豊富なニュージーランド

 

ニュージーランドと言うのは、牛に特徴があります。私たちが日々食しているハンバーガーに用いられているお肉ですが、あれはニュージーランド産が多いようですね。アメリカ産の牛肉も非常に多いですが、ニュージーランドもまた負けずに多いようです。
実際それは、ニュージーランドの光景を見てみても明白です。インターネットの地図を用いてみると、それがよく分かりますね。最近のネットの地図は非常に発達していて、外国の一風景を見る事ができるのです。その地図でニュージーランドの光景を見てみると、あの国は本当に牧畜が盛んだと分かるでしょう

 

牧畜が盛んなので腸内環境が良い方が多い

 

ところで前述の乳酸菌なのですが、ヨーグルトと非常に大きな関係があります。あの発酵製品の中には、非常に多くの乳酸菌が含まれています。そしてニュージーランドという国では牧畜が非常に盛んですので、ヨーグルトも多く作られていると察します。と言う事は、ニュージーランドの国民の方々は腸内環境がかなり健やかなのではないでしょうか。普段の食生活でそれをよく摂取している以上は、やはりお腹が健やかな方々は多いかと思います。
またスイスなども、ヨーグルトがかなり多く作られていますね。あの国も牧畜が非常に盛んですので、やはりスイスの国民の方々は腸内環境が良いと推理します。
このように地域の牧畜と腸内環境との間には、非常に密接な関係がある訳ですね。